住職の一言

住職の一言

「続・伝える心の大切さ」

2021年1月

テレビをつければ、「インスタ映え」する食べ物の特集や大食いの番組が流れている。片や世界では、飢餓で苦しむ人々の姿が映っている。一体どちらが真実か——。どちらも本当の姿なのだろう。

「米の一粒の中には、無限のご先祖様の命を賜っている」という言葉がある。私たちのお祖父さん、お祖母さん、そのまた上の世代が、子や孫に伝え聞かせてきたものだ。私たち現代人は、今ここに在ることを当たり前のように生きているが、食べ物に限らず、あらゆるものによって日々生かされている。本当のことを伝え、身を以て導くことが仏教の教えである。

本眞寺住職 西村正淳
南御堂今月の一言

南御堂真宗大谷派難波別院「毎月の言葉」より

    
これまでの一言
2020年8月
「伝える心の大切さ」

お問合せ

《大阪院》
〒554-0024
大阪府大阪市此花区島屋3-6-32
TEL:06-6461-2805
FAX:06-6465-2805

《吹田院》
〒564-0026
大阪府吹田市高浜町4-33
TEL/FAX:06-6381-3600

ページのトップへ戻る